夢追いBOT

留年経験のある医学生が心身の不調と向き合う日常や勉強の記録をつづるブログ。

勝負は1年後(だったらいいな)

今週末は医師国家試験だったわけです。元同期達をはじめとする受験生のみなさん、2日間お疲れ様でした。

さて、今年の試験が終わったということはつまり、自分の番まで、いよいよあと1年となったわけです
…うまくいけばの話ですが!
なにしろ、国家試験は卒業試験をクリアしないと受験できないわけで、僕にとってはまずそこが問題。卒業試験は10月かそこらから始まるので、1年はとっくに切ってます。勝負はもう始まっているみたいです。さすがにもう受験生モードに入らないと、って感じですね。

早くも不安。とか言いつつ呑気にツイッターをながめていると、当然同業者様達は国家試験の話で持ちきり。古田敦也氏がヤクルトの臨時コーチを務めた話なんて誰もしてません。ピリピリしてる。あぁ怖い。不安になってしまう。

この不安を払拭するには、もちろんロラゼパムも忘れず飲まなきゃですけど、そりゃもう勉強するしかありません。でも、口ではそう言っていても、なかなか手が動き出すもんじゃないですよね。まともな同業者様なら何それって感じなんでしょうけど、留年するようなヤツはこんなもんなんです。それで

「あー今日も何もしなかったなー」

みたいな自己嫌悪感がきて、ますます不安になって、でも勉強は手につかなくて、また自己嫌悪感がきて…みたいな悪循環。
そしてこの悪循環、いつか経験したことあるぞ、なんて考えてみたら、あの時だ。2度目の4年生のCBT(医師免許の仮免許試験)の前だ。なんならこのブログにも経過や心情を記録してある(現状を整理1/2 - 夢追いBOT)。それは避けなければいけない。国家試験には追試がないという点でも、これ以上メンタルをやるわけにはいかないという点でも、同じ失敗を繰り返すわけにはいかないという点でも。

というわけで、逃げ続けてきた医学のお勉強、いよいよやんなきゃな、って自分に言い聞かせます。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

医大生ランキング