夢追いBOT

留年経験のある医学生が心身の不調と向き合う日常や勉強の記録をつづるブログ。

秘技!左足ブレーキング

 落ち着いてきたので、ブログの習慣を再開したいと思います…と何度言ったか。とりあえず、日々のしょうもない出来事から書いてみて、文章を書く感覚を取り戻したいと思います。

 ここ数日で当地はとても寒くなってきました。とは言っても雪は降っていないので車で通学しているんですが、今日の帰り道はあまりの寒さに左足が縮こまってしまい、やむなく左足は使わずに右足でブレーキを踏みました。

 と言うと、運転免許を持っている方には「!?」と思われるかもしれません。それが普通ですからね。でも、あるんです。左足でブレーキを踏む運転法ってのが。オートマの車で、右足は常時アクセルペダルに置いてアクセルに専念、左足は常時ブレーキペダルに置いてブレーキに専念、といった具合。普段、僕はそうやって運転してます。

 何が良いって、アクセル⇔ブレーキの切り替えがノータイムでできるんです。例えば、目の前に突然危険が現れた時に、アクセルペダルから足を離してブレーキペダルに踏み替えて…という右足だけでの操作よりも早くブレーキをかけることができる、はず。F1をはじめとするレーシングドライバーの多くも、素早い操作でタイムを稼ぐために、左足ブレーキングで運転しています。

 それから、ペダルを踏み替えることがない分、アクセルとブレーキの踏み間違いを減らせると主張している人もいます。僕もそんな気がしています…が、テレビで見かけた高齢者講習では、両足を使ってシミュレータの両方のペダルを踏み込んでいるおばあちゃんがいたので、そんな単純な話ではないかもしれません。

 ともあれ、今日の僕は、いつもの、朝もそうした、左足ブレーキングを封印して、つまり普通の右足ブレーキングで、帰宅することしました。

 ところが、家に着く直前で忘れ物に気付き、大学へと引き返すことに。もちろん右足ブレーキングで。しかし、大学に着いて、階段を駆け上がっていたところ、突然右ヒザに激痛が! 「皿か!?」みたいな。

 そこで、今度は左足だけで運転して帰ることにしました。実はこういう事態に備えてちょくちょく練習しているので、できちゃうんです。ペダルは右足で踏むことを前提に右寄りに設置されているから、ちょっときついけど。それでも、もちろん何事もなく無事に帰れましたし、自分で言うのもアレですが、普通の人よりかははるかに繊細な運転ができていたと思います。

 そんなわけで、今日は、「両足とも使う」「右足だけ使う」「左足だけ使う」全てのパターンで運転しました、というおはなし。どうでもいい話だけど、とりあえず文章を書く、ということで。

 なお、ご紹介したように、左足ブレーキングには何かとメリットがありますが、実践される場合はくれぐれも安全なシチュエーションで練習してから…その辺の責任は追いません、あしからず。良いと思っていることなのに、そういうわけで人には勧めにくい。そこは複雑。

 とにかく、また書きます。何卒よろしくお願いします。



にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


医大生ランキング