夢追いBOT

留年経験のある医学生が心身の不調と向き合う日常や勉強の記録をつづるブログ。

今日から俺は!!

今日から! 俺は! ブログを! 再開する! 何日坊主になるか知らんけど!

 

 それにしても、ブログの更新、だいぶご無沙汰になってしまいました。そしてその間にはいろんなことがありました。そのあたり、ぼちぼちさかのぼって記録してご報告しておこうと思います。

 

 まずは何と言っても、進級したんですよ! これが最大のトピックでしょうか。そんなわけで、ブログタイトルからも「留年」は外させてもらいました。最大のアイデンティティを失ってしまった感はありますけども、それは、ともかく。ここからは、今更ながら昨年12月のおはなし。

 

 一部は既にお話ししてますけど、昨年の夏から秋にかけて地獄の3番勝負(進級をかけた3つの重要な試験)に辛くも全勝したことで僕は「スチューデント・ドクター」という医師免許の仮免のような資格を取得し、今年の1月からは路上教習に相当する?臨床実習、いわゆるポリクリに参加することができているんです。で、厳密にはどういう扱いなのかは知りませんけど、ウチの大学では実習が始まる1月からは実質的に5年生扱いなんですよ。

 

 つまり! 僕は(2度目のチャレンジにして)5年生に進級することができたわけなんです! パチパチパチパチ! ありがとうございます!

 

 そして、12月23日、そのスチューデント・ドクターの認定証の授与式が行われました。これで5年生だと認めてもらえます!

 

f:id:NantokaMochi:20200818005634j:plain

パチパチパチパチ!

 

 既にお話ししている通り(バックナンバー参照)僕は11月初頭から入院してまして、本当はもっと長く入院することを勧められていたんですが、この日と、年が明けてからの実習のために、強行復帰と言うか、ぶっつけ本番と言うか、ともあれ入院を早めに切り上げて授与式に出席しました。

 

 大学によっては実習用のユニフォームとして揃いの白衣を手渡す、より儀式的な「白衣授与式」なんて行事をやるとこもあるそうですが、ウチの大学は白衣は自前でして、もらえるのはあくまで認定証だけ。でも、これを待っていたんだ…夢にも出てきたもん。まさに「夢にまで見た」、ってやつですよ。そんなわけで、待望の、認定証という名の5年生への切符! 苦楽を共にした留年生同士で顔を合わせると、お互い思わず笑みがこぼれてねぎらいの言葉が口をつきました。

 

f:id:NantokaMochi:20200818010115j:plain

元同級生が駆け付けて撮ってくれました、いい友達を持ってます

 しっかし、賞状のようなものと、実習の際の身分証になるカードタイプのものとが授与されるわけなんですが…

 

f:id:NantokaMochi:20200818010328j:plain

キャーステキ!

 うーん、思いの外ペラッペラなんだな。カードは運転免許証ぐらいの硬さをイメージしてたんだけど、ラミネートの紙で、テレホンカードとかハイウェイカードぐらいのペラペラさ。そして賞状みたいなやつ、こっちは自動車学校でもらった手作りの賞状みたいだ。

 

f:id:NantokaMochi:20200818010313j:plain

優秀!

 ちょっと失礼な言い方だけど、物理的な意味ではあまりにも重みがなかったんで、拍子抜けしちゃいました。あはは。もちろん、意味合いとしては、これまでの人生で一番と言ってもいいぐらい重みがあるものですけどね。高校でくすぶって、それでも大学に行こうと決めて、2年浪人して、1年留年して、おまけに46日間入院して…そこまでしてでも欲しかったものですから。

 

 ともあれ、これで僕は第5学年およびポリクリ実習に駒を進めることができたわけです。ひとまず、今回はここまで。

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

 


医大生・医学生ランキング