留年医学生メンタリティ

心身故障、留年、休学、療養

久々のドライブ!

 12月22日日曜日、この日は2日前に退院して以来初めて、本格的なお出かけをしてきました。

 あわや2年連続で留年するところだった僕を勉強の面でも精神的な面でも助けてくれた元同級生で、今や先輩となった某女子大生が、とある遠くの港町まで美味しいお魚を食べに行きたいと仰ったので、進級が決まったことのお礼にお連れした次第なんです。

 大恩人ですから、退院翌々日とはいえ、もう全力でリクエストにお応えしました。今年の3月、僕が留年したと聞くやいなや、僕が落とした科目のレジュメやノートを持ってきて貸してくれた、医学部には珍しい?聖女なんですよ。すごくないですか? 僕、その科目は完全にチンプンカンプンだったんで、そのサポートに本当に救われました。

 ということで、前日土曜日は準備に奔走しました。昼間は忙しくて、夜になっちゃったんですけども、久々に車に乗り、エンジンをあっため、慎重な運転で24時間営業のガソリンスタンドに行き、車を洗って、寒空の下で風邪引かない程度に拭き上げて、車内に掃除機かけて、空気圧なんかをチェックして、ガソリンを満タンにして…それから24時間営業のスーパーに行き、カラカラになっていた消臭剤を買い換え、その子が運転する可能性もあったのでハンドルカバーもキレイなものに買い換え…早く寝たかったのに、結構遅くなっちゃいましたね。

 そして当日。入院中の早起きの習慣が残っていたおかげで、幸い待ち合わせにも(それほど)遅れず、いざ出発。片道およそ100キロ、2時間以の道のりです。いきなりそんなに運転するんかい、って自分で自分にツッコミ入れましたよ。元々はその子も運転する可能性があった、と言うか、当初はペーパードライバーであるその子の運転の練習に付き合う、という話だったんですけどね。保険も準備してたし。ただ、雨とかの関係で、結果的には僕が全部運転することになっちゃいました。しかし今考えると僕もようやるわ。

 ところで46日間の入院で運転にブランクが生じていないか心配だったんですけど、思いのほかそのあたりは大丈夫だったもんです。ただ、微妙な感覚のズレはありましたね。と言っても、別に安全には全く支障がないし、同乗者も気付かないだろうし、僕みたいな車好きじゃなきゃ気にも留めないような、細かなペダルワークとかの話なんですけど。そしてその感覚を取り戻すには、つい最近まで、つまり1か月近くかかりました。まぁそれはともかく。

 いや、しかし、とにかく美味しかった。カンパチです。本当に美味しい。これは2時間以上かかるドライブの目的にするだけの価値があります。

f:id:NantokaMochi:20200122111825j:plain

 退院したばかりの僕にとってはなかなかの量でした。入院中の食事はそんなに量が多くなかったし、おかわりも間食もなかったもんな…大満足です。

「私のコレとぼっと君のそれ、1つずつ交換しよ?」

みたいなやり取りをしながら、これが彼女とだったらどんなに幸せな時間なのだろう…とか思ったりなんかしてさ。そのコとはそういう関係じゃないので。

 食事の他には道の駅に寄った位で、ほぼ行って食べて帰ってくるだけだったんですけど、全体的にうまく遂行できてひと安心でした。先人達がドライブにオリジナルのカセットテープをこさえていたというのと同じように、LINEミュージックでドライブBGMのプレイリストを組んでたんですけど、ちょうど帰り着いた時に全曲終わりましたからね。ホント完璧でした。

 それから、お礼の贈り物も忘れずに渡せたので、もう完璧も完璧。自分にこんな遂行能力があったとは、って感じで自画自賛です。入院中に通販で取り寄せておいた段取りとかも含めて。届くのが案外遅くて前の晩になったのにはヒヤヒヤさせられましたけどね。それにしても、プレゼント選びの相談に乗ってくださった諸お姐さま方、ありがとうございました♥️

 というわけで、今更ではございますが、退院早々僕を元気付けてくれる楽しい一日でした。という話です。

 ただ、このあたりはなんだかなー(下記画像参照)

f:id:NantokaMochi:20200122133235j:plain

f:id:NantokaMochi:20200122133309j:plain



ブログランキングに参戦しています、投票クリックお願いします🙇‍♂️

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


医大生ランキング