夢追いBOT

留年経験のある医学生が心身の不調と向き合う日常や勉強の記録をつづるブログ。

入院44日目 三冠王ブーマーと僕?

 12月18日水曜日。入院44日目。

 本当に今日は何も書くことがありません。44日目ということで、背番号44と言えば阪急のブーマー、としか思い当たることがありません。

f:id:NantokaMochi:20191218200015j:plain

 もっとも、書くことがないんじゃなくて、面白いことを見付けるアンテナの感度が下がっただけなのかなと思うところもあるんですけどね。感受性が下がったというマイナスの意味で、大人になってしまったんじゃないかと。思い出補正かもしれないけど、高校時代のブログは面白かったもん。

 それはともかく、先程、こんな連絡が来ました。

医学科4年生 各位

学務課医学教務係からお知らせです。

臨床実習の履修資格認定結果を掲示しておりますので、
ご確認いただきますようお願いします。

 厳密には違うんですけど、ざっくり言うと、進級判定です。この結果が「○」なら、1月からの実習に進めるけど、「×」なら、その時点で留年確定。それが掲示されたとのこと。

 で、僕はと言いますと、条件は全てクリアしたので、「○」のはずなんです。もがき苦しみはしたけど、必要な単位を全部取ってるから(この回この回参照)。逆に言えば、「×」の理由は一つもありません。

 でも、なんでだろう、こういうのってめちゃくちゃドキドキする。今すごくドキドキしてる。今夜はぐっすり眠れないかも。明日は過敏性腸症候群の症状が出て下痢しちゃうかも。看護師さんが毎朝脈を測りに来るんだけど、明日は異常値が出るかも。

 学務課さん、ホントにこういうのやめてくれませんかね? 僕を弄んでるんですか? 結果が出てるんなら掲示だけじゃなくてメールでもしてくださいよ。今回の入院だって、CBTの結果待ちの期間にぶっ壊れたんだからさ。まぁ僕が勝手にドキドキしてるだけだし、勝手にぶっ壊れただけなんですけども。

 僕は大学入学以来幾多の試験を受けてきたわけですけど、そのほとんどに落ちて、追試にかかってきました。そして留年もしました。だから、たぶん、試験は基本的に落ちるものって心身に刷り込まれちゃってるんですよね。それで、結果待ちの時間というのを過剰に恐怖に感じるようになってしまってるんですよ、たぶん。そして、受かってるか怪しかったCBTはともかく、今回のように「○」ってわかってる状況でも、ドキドキしてしまう。これが普段の試験から普通に受かって普通に進級してる人だったら、今回のケースなら何も心配することはないはずですよね。

 しかし、自分が原因とはいえ、ホントにつらい。早く解放されたい。勝負強いブーマーとは真逆、本当にプレッシャーに弱い。



ブログランキングに参戦しています、よろしければ投票クリックお願いします👇

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


医大生ランキング