留年医学生メンタリティ

心身故障、留年、休学、療養

メモ:髄膜・脳室系の構造と脳脊髄液の産生と循環

  • 内側から順に軟膜・くも膜・軟膜、3つあわせて髄膜
  • 軟膜とくも膜の間はくも膜下腔で、脳脊髄液で満たされており、くも膜小柱がある
  • くも膜は上矢状静脈洞にくも膜顆粒をつくる
  • 硬膜は大脳鎌(左右)・小脳テント(上下=大脳と小脳)・小脳鎌(まれ)の仕切りをつくる
  • 脳脊髄液は脈絡叢(や毛細血管)で産生され、脈絡叢側脳室Monro孔第三脳室中脳水道第四脳室Luschka孔(外側)・Magendie孔(正中)→大槽・迂回槽→くも膜下腔→大脳表面→くも膜顆粒→上矢状静脈洞(や毛細血管、リンパ管など)で吸収
  • 脳脊髄液は総産生量・総吸収量ともに約500mL/日、循環量は約150mL
  • 脳脊髄液圧の正常は約60〜180mmH2O



ブログランキングに参戦しています、よろしければ投票クリックお願いします↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


医大生ランキング