夢追いBOT

留年経験のある医学生が心身の不調と向き合う日常や勉強の記録をつづるブログ。

ホンダF1撤退発表に思うこと

 久々の更新です。またぼちぼちやっていきます。

 

 先週の金曜日、後輩達がダベってるのを見かけたもんでちょっかい出しに行ったら、僕が知らない彼らの友人もそこにいたんですけど、その彼が、F1のTシャツを着てたんです。だから挨拶してさっそくそれに触れたら、

 

「これわかりますか!? 学内でF1ファンにはじめて会いました!」

 

って喜んでたんですよ。僕も嬉しい。今や、正直言ってF1なんてオワコンですから、なかなかありませんもんね、F1ファンに出くわすことなんて。地上波のテレビ中継なんかもなくなっちゃったから、新規ファンの開拓なんてものもそうそう期待できないわけですし。

 

 そしたら後輩の一人が

 

「F1と言えば、ホンダがF1撤退するって、さっきネットニュースに出てましたね」

 

と。

 

えっ!!!!!

 

 顔を見合わせる、僕と、その、まだ名前も知らない彼。慌てて携帯電話を開いてネットニュースを見ると、トップのトピックだ。本当じゃないか・・・ 

 

www.honda.co.jp

 

 大のF1ファンでありホンダファンである僕は、もうその瞬間にうちひしがれてしまいました。アイドルの結婚で体調が悪くなったとか言って学校を休む子がいるって聞いて「バカでぇんなわけあるかよ仮病だろ」って思ってたんですけど、ホント、そんな感じ、急に元気失くしちゃいました。

 

 そしてその晩は家庭教師のアルバイトだったんですけど、そこの生徒さんもF1好きなもんで、そこでもその話で持ち切りで指導どころじゃありませんでした。なにしろ僕が完全に落ち込んでたんで。そうそう、久しぶりのバイト、久しぶりの家庭教師、始めたんですよ。この話も機会があったら触れます。それは、さておき。

 

 それから、ホンダがF1をやめるとなると、思うことがあってだ。と言いますのも、僕、かつては

 

工学部に進学→ホンダに就職→F1部門のエンジニアになる

 

という夢があったんですよ(勝者・ホンダと敗者・僕 - 夢追いBOT参照)。諦めちゃったけど。で、もしそっちに進んでたとしたら(…望み通りにいってる確率は低かったかもしれないけど…実際工学部には受からなかったわけだし…工学部には入れたとしてもホンダに入れたかどうか…とか言っていくとキリがないな…)人生の目標を失っていたかもわかりません。それはそれは絶望してたと思います。ホンダでF1をやるために工学部を目指してたわけですから。

 

 そう考えたら、最近ようやく目的や将来やりたいことが見えてきたとは言っても、割と最近までは迷いもあった、いやまだある、この業界に身を置いているのも、結果的には正解だったんじゃないかと思えてきました。こっちでの目標は簡単にはなくならないからね。保証があるわけじゃないけど。

 

 こうやって外堀が埋められていく結果、進路って絞り込まれて決まっていくんですよね。まあ別にそれは決して特殊なことではなくて、普通、むしろよくあることですけども。例えば僕が物理の成績が一向に上がらなくて工学部に受からなかったのも、ある意味外堀が埋まるイベントだったわけだし。

 

 あわせて思ったのが、ずっと続くものなんてないんだなぁ、ということ。そして今あるものもいつかなくなるかもしれないんだと心のどこかに留めておいて、大切にしとかなきゃいけないんだよなぁ、ということ。ブルーハーツっぽいな。これも当たり前のことですけど、改めて思いました。ホンダは当面はF1への参戦は続けるものだと思ってましたからね。まさか8シーズンでまたやめるなんて夢にも思ってませんでしたよ。

 

 というわけで、このところは漫然と見てしまっていた大好きなアタック25も、この週末からは本気で観るようになりました。僕はクイズの鬼になります。地方予選会のハガキも出します…あれ? そういう話だったっけ?

 

 というわけで今日のまとめです。

 

いつまでもあると思うな親と金とアタック25

 

…あれ? そういう話だったっけ? ま、いいや。

 

 

ブログランキングに参戦しています、よろしければ投票クリックお願いします↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


医大生・医学生ランキング

永遠のヒーロー タクマ・サトウ

 前回、「今日から俺は(ブログをちゃんと書く)!!」なんて威勢のいいことを言った割には、それから1週間近く経ってしまいました。えへへ。まぁ、そんなタイトルにしたのは、ちょうどテレビで「今日から俺は!!」の再放送を見かけたからであって、別に深い意味はなかったんですけど…という言い訳。

 

 それはともかく。ぱいぱいでか美さんもブログを書くと宣言してらっしゃるんで、僕も書きます。

 

 

 今日入ってきた嬉しい報せについて言及します、と言うか、言及しないわけにはいきません…インディ500佐藤琢磨選手が優勝したじゃないですか!

 

 

 ざっくり解説すると、自動車レースの国際的なビッグイベントで、日本人ドライバーが優勝したんです! オリンピックの金メダルといったところでしょうか、快挙、偉業、大ニュースです。

 

 僕、小学3年生だった2003年からの佐藤選手のファンなんで、嬉しいのなんのって! そして、それはすなわち、佐藤選手がこの十数年もの間トップクラスの選手であり続けているということでもあるわけなんですよ、すごいことですよね。僕はもう26歳なんで、同じ頃にプロ野球で僕にとってのヒーローだった選手はみんなとっくに引退してるわけで、未だにヒーローでいてくれてる子供の頃のヒーローなんて、佐藤選手ぐらいですもん。そんなわけで、あの頃から変わらぬ夢を見せ続けてくれるそういう存在って、本当にすごい、本当にかっこいい、本当に憧れる、本当に尊敬する、って改めて思いました。佐藤選手、本当におめでとうございます!

 

f:id:NantokaMochi:20200824232046j:plain

秘蔵コレクションの一例(2004年)

 

 それから、今年の僕はですね、いやきっと僕だけじゃないけど、完全にいじけちゃってるんですよ。大阪や福岡には行けそうにないのでプロ野球を1試合も生観戦できそうになく、福岡開催ときたからにはあらゆる手を尽くしてチケットを入手しようと思っていたプロ野球オールスターゲームも中止、今年こそ観に行こうと思っていたF1日本グランプリも中止、千載一遇のチャンスだった某合コンも無期限延期、車を買い換える予定もいろいろあって無期限凍結、それどころかこれまで乗っていた車は泣く泣く廃車、そしてしまいには臨時休校の埋め合わせで夏休みが消滅…といった具合に踏んだり蹴ったりどころの話じゃないですから。そんなわけで、少なくとも今年いっぱいは無気力を決め込むつもりでいました。

 

 そんなところにこの快挙。大いに興奮して、大いに感動させてもらって、ちょっとだけ気力も戻ってきました。なにしろ、佐藤選手の座右の銘

 

"No attack, no chance"

 

ということで、安全に堅実にリスクを避けて…というハタチ以降の僕の生き方の原則とは正反対ですからね。いい刺激をもらえました。今回のレースを観ていたら(録画ながらノーカットのテレビ放送がありました)、佐藤選手が上位に入賞したり、クラッシュしたり、ブチ抜いたり、クラッシュしたり…というのにテレビの前で一喜一憂しながら今よりも熱く熱く熱狂していた、10代の日々を思い出しました。変わらぬ夢なんて聞こえのいいことを言ったけど、いつしか僕は変わっちゃってたんですよ。ちょっとだけ寂しい。今更戻るつもりはないけどね。

 

 でも、そんなこんなで、今年はがんばらないことをがんばるつもりでいたけど、ちょっとだけがんばろっかな…なーんて。

 

 

ブログランキングに参戦しています、よろしければ投票クリックお願いします↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


医大生・医学生ランキング

今日から俺は!!

今日から! 俺は! ブログを! 再開する! 何日坊主になるか知らんけど!

 

 それにしても、ブログの更新、だいぶご無沙汰になってしまいました。そしてその間にはいろんなことがありました。そのあたり、ぼちぼちさかのぼって記録してご報告しておこうと思います。

 

 まずは何と言っても、進級したんですよ! これが最大のトピックでしょうか。そんなわけで、ブログタイトルからも「留年」は外させてもらいました。最大のアイデンティティを失ってしまった感はありますけども、それは、ともかく。ここからは、今更ながら昨年12月のおはなし。

 

 一部は既にお話ししてますけど、昨年の夏から秋にかけて地獄の3番勝負(進級をかけた3つの重要な試験)に辛くも全勝したことで僕は「スチューデント・ドクター」という医師免許の仮免のような資格を取得し、今年の1月からは路上教習に相当する?臨床実習、いわゆるポリクリに参加することができているんです。で、厳密にはどういう扱いなのかは知りませんけど、ウチの大学では実習が始まる1月からは実質的に5年生扱いなんですよ。

 

 つまり! 僕は(2度目のチャレンジにして)5年生に進級することができたわけなんです! パチパチパチパチ! ありがとうございます!

 

 そして、12月23日、そのスチューデント・ドクターの認定証の授与式が行われました。これで5年生だと認めてもらえます!

 

f:id:NantokaMochi:20200818005634j:plain

パチパチパチパチ!

 

 既にお話ししている通り(バックナンバー参照)僕は11月初頭から入院してまして、本当はもっと長く入院することを勧められていたんですが、この日と、年が明けてからの実習のために、強行復帰と言うか、ぶっつけ本番と言うか、ともあれ入院を早めに切り上げて授与式に出席しました。

 

 大学によっては実習用のユニフォームとして揃いの白衣を手渡す、より儀式的な「白衣授与式」なんて行事をやるとこもあるそうですが、ウチの大学は白衣は自前でして、もらえるのはあくまで認定証だけ。でも、これを待っていたんだ…夢にも出てきたもん。まさに「夢にまで見た」、ってやつですよ。そんなわけで、待望の、認定証という名の5年生への切符! 苦楽を共にした留年生同士で顔を合わせると、お互い思わず笑みがこぼれてねぎらいの言葉が口をつきました。

 

f:id:NantokaMochi:20200818010115j:plain

元同級生が駆け付けて撮ってくれました、いい友達を持ってます

 しっかし、賞状のようなものと、実習の際の身分証になるカードタイプのものとが授与されるわけなんですが…

 

f:id:NantokaMochi:20200818010328j:plain

キャーステキ!

 うーん、思いの外ペラッペラなんだな。カードは運転免許証ぐらいの硬さをイメージしてたんだけど、ラミネートの紙で、テレホンカードとかハイウェイカードぐらいのペラペラさ。そして賞状みたいなやつ、こっちは自動車学校でもらった手作りの賞状みたいだ。

 

f:id:NantokaMochi:20200818010313j:plain

優秀!

 ちょっと失礼な言い方だけど、物理的な意味ではあまりにも重みがなかったんで、拍子抜けしちゃいました。あはは。もちろん、意味合いとしては、これまでの人生で一番と言ってもいいぐらい重みがあるものですけどね。高校でくすぶって、それでも大学に行こうと決めて、2年浪人して、1年留年して、おまけに46日間入院して…そこまでしてでも欲しかったものですから。

 

 ともあれ、これで僕は第5学年およびポリクリ実習に駒を進めることができたわけです。ひとまず、今回はここまで。

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

 


医大生・医学生ランキング

久々のドライブ!

 12月22日日曜日、この日は2日前に退院して以来初めて、本格的なお出かけをしてきました。

 あわや2年連続で留年するところだった僕を勉強の面でも精神的な面でも助けてくれた元同級生で、今や先輩となった某女子大生が、とある遠くの港町まで美味しいお魚を食べに行きたいと仰ったので、進級が決まったことのお礼にお連れした次第なんです。

 大恩人ですから、退院翌々日とはいえ、もう全力でリクエストにお応えしました。今年の3月、僕が留年したと聞くやいなや、僕が落とした科目のレジュメやノートを持ってきて貸してくれた、医学部には珍しい?聖女なんですよ。すごくないですか? 僕、その科目は完全にチンプンカンプンだったんで、そのサポートに本当に救われました。

 ということで、前日土曜日は準備に奔走しました。昼間は忙しくて、夜になっちゃったんですけども、久々に車に乗り、エンジンをあっため、慎重な運転で24時間営業のガソリンスタンドに行き、車を洗って、寒空の下で風邪引かない程度に拭き上げて、車内に掃除機かけて、空気圧なんかをチェックして、ガソリンを満タンにして…それから24時間営業のスーパーに行き、カラカラになっていた消臭剤を買い換え、その子が運転する可能性もあったのでハンドルカバーもキレイなものに買い換え…早く寝たかったのに、結構遅くなっちゃいましたね。

 そして当日。入院中の早起きの習慣が残っていたおかげで、幸い待ち合わせにも(それほど)遅れず、いざ出発。片道およそ100キロ、2時間以上の道のりです。いきなりそんなに運転するんかい、って自分で自分にツッコミ入れましたよ。元々はその子も運転する可能性があった、と言うか、当初はペーパードライバーであるその子の運転の練習に付き合う、という話だったんですけどね。保険も準備してたし。ただ、雨とかの関係で、結果的には僕が全部運転することになっちゃいました。しかし今考えると僕もようやるわ。

 ところで46日間の入院で運転にブランクが生じていないか心配だったんですけど、思いのほかそのあたりは大丈夫だったもんです。ただ、微妙な感覚のズレはありましたね。と言っても、別に安全には全く支障がないし、同乗者も気付かないだろうし、僕みたいな車好きじゃなきゃ気にも留めないような、細かなペダルワークとかの話なんですけど。そしてその感覚を取り戻すには、つい最近まで、つまり1か月近くかかりました。まぁそれはともかく。

 いや、しかし、とにかく美味しかった。カンパチです。本当に美味しい。これは2時間以上かかるドライブの目的にするだけの価値があります。

f:id:NantokaMochi:20200122111825j:plain

 退院したばかりの僕にとってはなかなかの量でした。入院中の食事はそんなに量が多くなかったし、おかわりも間食もなかったもんな…大満足です。

「私のコレとぼっと君のそれ、1つずつ交換しよ?」

みたいなやり取りをしながら、これが彼女とだったらどんなに幸せな時間なのだろう…とか思ったりなんかしてさ。そのコとはそういう関係じゃないので。

 食事の他には道の駅に寄った位で、ほぼ行って食べて帰ってくるだけだったんですけど、全体的にうまく遂行できてひと安心でした。先人達がドライブにオリジナルのカセットテープをこさえていたというのと同じように、LINEミュージックでドライブBGMのプレイリストを組んでたんですけど、ちょうど帰り着いた時に全曲終わりましたからね。ホント完璧でした。

 それから、お礼の贈り物も忘れずに渡せたので、もう完璧も完璧。自分にこんな遂行能力があったとは、って感じで自画自賛です。入院中に通販で取り寄せておいた段取りとかも含めて。届くのが案外遅くて前の晩になったのにはヒヤヒヤさせられましたけどね。それにしても、プレゼント選びの相談に乗ってくださった諸お姐さま方、ありがとうございました♥️

 というわけで、今更ではございますが、退院早々僕を元気付けてくれる楽しい一日でした。という話です。

 ただ、このあたりはなんだかなー(下記画像参照)

f:id:NantokaMochi:20200122133235j:plain

f:id:NantokaMochi:20200122133309j:plain



ブログランキングに参戦しています、投票クリックお願いします🙇‍♂️

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


医大生ランキング

実習先はHonda!

 遅くなりましたが2020年の第1回です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、さっそく本題に入らせていただきます。

 元日、こんな番組がありました。

 僕はF1ファン、ホンダファンなので、格付けチェックが観たい家族のブーイングを浴びながらもチャンネルを変え、テレビにかじり付きました。

 大好きだったプロジェクトXに通じるところもある、いい番組でした。しかし内容以上に印象的だったのが、番組に出てきたホンダの技術者達が真っ白でピシッとした作業着を着ていたこと。

 もちろん、大のホンダファンですから、作業着のことは知らなかったわけじゃないんです。ホンダファンの間では常識ですから。工場にいち早くクーラーを設置するなど、ホンダという会社が清潔で快適な、つまりいわゆる3Kのない作業環境の整備に大昔から力を入れていることや、その象徴としてあえて汚れが目立つ白い作業着を採用して、汚れにくい作業環境の整備や作業着のこまめな洗濯を促していることや、清潔でピシッとした作業着を着ることがホンダの人達の矜持であることは…

f:id:NantokaMochi:20200101232915j:plain

 ただ、これまでは、知っている、というだけで、自分との関連のようなものを考えたり意識したりすることは特になかったんです。アホやね。

 でも、このタイミング(下書きを始めたのはこの番組を見た当日)、つまり、間もなく病棟での実習が始まって白衣を着る機会が増えるこのタイミングで見ると、そのキレイな作業着にばかり目が行ってしまいましたね。

 そして思いました。

 僕もこれから始まる実習すなわちポリクリには、常にキレイでピシッとした白衣で臨もう、と。

 僕はホンダのエンジニアになりたかったものの挫折して今に至るわけで、やや屈折した感情のまま(この回参照)医学生をやってきたわけなんですけど、思ったんですよ。

「そうだ、俺も白衣をピシッとキレイに着ることでホンダの技術者になれるじゃないか! 夢だったホンダの技術者になったつもりでポリクリに臨もう、それなら頑張れそうな気がする!」

と。これまでの実習先で白衣のシワを注意されたことが2度あったように、これまでは結構ルーズだったんですが、この番組を観て、ちゃんとしようってなりました。

 実習開始を前にして、モチベーションを高めてくれるいい番組でしたね。

 そして1月6日に実習が始まって2週間になりますが、少なくとも今のところは、実際に、ポリクリにはできる限り高頻度で洗濯やアイロンを行った白衣で臨んでいます。学力なんかは大きく劣っていますが、この点では周りの同期を出し抜いているようです。案外みんな白衣シワクチャで…この小さな差が将来何かしら影響してくるのか、それともしないのか。



にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


医大生ランキング

入院46日目 ついに退院!

 12月20日金曜日。入院46日目。いよいよ最終日です。昨晩は、いよいよ退院ということでソワソワした一方で、3年前のこの時期に亡くなった知人のことを思い出してちょっとブルーな気分にもなって、複雑な感じだったんですけど、まずまず眠れました。

 ともあれ、今日の午前中に退院となりました。46日間は結構長かった。当初は3か月の入院を提示されてたわけですから、長いと言ってもその半分なんですけどね。でもでもそれでも長かった。退院日が決まってからは早く出たくて仕方なかったもんね。

 3か月の療養計画を打ち切って1月からの実習のために強行復帰するかたちなんですけど、案外これでちょうどいいんじゃかなって感じもします。なにしろ完治とかそういう区切りがあるものではないですから、このあたりで自分で区切りを付けちゃうのもナシじゃないのかな、と。自分ではだいぶ落ち着いたと思ってるし、うつ状態は脱しましたから。

 先にこういうこと言っておくのは甘えかもしれませんけど、当面はぼちぼちやっていきますよ。がんばりすぎません!

 ところで退院寸前にスマートフォンがフリーズしちゃって、迎えに来てくれるはずの家族と連絡が取れなくなって、少し困りました。しかし完全にフリーズしちゃったので原因を調べようもなく、この画面のままうんともすんともで、途方に暮れました。

f:id:NantokaMochi:20191220225700j:plain

 不幸中の幸いは、エロサイトとか見てる最中のフリーズじゃなかったこと。だとしたらめちゃくちゃ恥ずかしいもんな。ちなみに、入院中は寂しいからあいみょんを待受にしてましたけど、中学生みたいで恥ずかしいから、昨晩F1に変えたとこでした。これもこれで中学生みたいではあるけど。

 そしてついに病院の外へ。第一印象、まぶしい! 先日の外泊の時もだったけど、今日も快晴、今日に至っては雲一つない青空! 元から日差しに目が弱い上に、ずっと屋内にいた僕には、まぶしすぎる! 楽天市場でクリアレンズのサングラス、と言うのか、UVカットのダテメガネと言うのか、買っといてよかった。送料無料がもめてるようだけど、送料無料のうちに買えたという意味でも、買っといてよかった。そして寒いな、シャバは。

 そして帰宅。ひとまず実家でゆっくりということに。猫様と戯れたり、使ってない古いスマートフォンからWi-Fiでひとまず状況報告およびフリーズを嘆くツイートをしたり。そしたらすぐに解決策を調べてくれた親切な方なんていらっしゃって、いやー助かりました。

 そしてそして、珍しく僕宛の郵便物が届いていたので、何かと思ったら…

f:id:NantokaMochi:20191220231904j:plain

f:id:NantokaMochi:20191220231912j:plain

 なんとなんと、大好きなあいみょんのサイン! 12月9日にベッドの上から応募してたのが当たって届いてました!

 あいみょん嬢とラヂオ局からのお見舞い?退院祝い?だと思っておきます。大切にします。しかしツイてるな、年末ジャンボ買っとくべきかな?

 お昼を食べて(作り置きだったんですけど、オカンの料理、涙が出そうな程うまい!)、ちょっと昼寝して。大学にちょっとした手続きに行ってきて、ついでに進級判定の掲示もこの目で見て、本当に進級できるんだと噛み締めて。夕方はちょっと散歩して、早目に(と言っても病院でのいつも通りの時間、家族はまだお腹空いてなさそうだったけど、僕は空いて仕方なかった)夕食を食べて、ダゾーンでF1総集編を観て。とにかくゆったり過ごしました。

 しかしそれが7時半頃のはずだったんですけどね、いつの間にこんな時間になってしまったんだ。シャバの時間の流れ、病院より速いわ。病院ならとっくに消灯、寝付けてることもある時間帯ですよ。退院初日で夜更かしはいけませんな、というわけでここら辺でおやすみなさい。



ブログランキングに参戦しています、よろしければ投票クリックお願いします👇

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


医大生ランキング




入院45日目 最後の晩餐

 12月19日木曜日。入院45日目。明日でいよいよ退院です。

 ところで昨日は、大学の掲示板に進級判定が張り出されたものの僕は見に行くことができないということで、進級要件は確保できているはず、進級不可の理由はないはず、なのに、なぜかドキドキしてしまってつらい、という話をしました。

 それで、眠れないかと思ったんですけど、処方してもらっている不眠症のおくすりがさすがに多少効くのと、例のミュージックプレイヤー(この回参照)で落ち着く曲の「おやすみプレイリスト」を作ってaikoスピッツなんかを聴きながら寝たことで、そこそこ眠れました。

 ただ、今日は血圧測定をされる日だったんですけど、いつもよりちょっと高かったですね。それから、毎朝測られる脈拍も、いつもより高い値でしたね。測りに来たのが男性の看護師さんだったのに。オキニの女性看護師さんの時にはたまに高くなりますけど、こんなのは初めてだ。

 そして、下痢まではいかなかったけど、ちょっとお腹が痛い…明日の退院に向けて衣類やら片付けなきゃいけないのに、全く手が付けられない。なんというメンタルの弱さ。

 と思っていたら、昼過ぎに、例の屈辱的な名称のLINEグループ(この回参照)に、掲示物を撮影した画像をアップロードしてくれてる人がいました。親切な人っているもんですね。たぶん今日講義とかないのに。その人も不安だったのかな?

 ともあれ、幸いにして、と言うかそりゃそうなんですけど、進級できるとのことでした。やっとプレッシャーから解放されました。掲示された表には、

・学籍番号
・進級の「○」か「×」
・備考欄(「○」だった場合は空欄、「×」だった場合は落とした科目)

が書いてあるんですが、僕のところは「○」、そして備考欄は空欄になっているわけです。去年はその備考欄にたった2文字書いてあったせいで、つまりたった1科目のせいで…という忌まわしき進級判定の掲示と、ようやく和解を果たすことができました。2年ぶりの進級が正式に確定です。あーよかった。

 ちなみに今年の4年生は僕ら留年組も含めて全員進級でした。パチパチ。みんな優秀なんだな。もしこれで落ちてたら学年で1人だけだったわけですよ、つまり。それはつらすぎる。去年は10人以上いたのに。つくづくあーよかった。

 そしてそんな晴れやかな穏やかな気持ちで迎えた、お夕食。明日の午前中に退院なわけですから、最後の晩餐ってやつですよ。そしたらなんやこの肉、全然味しねえでやんの。最後の最後で、珍しくイマイチでした。でも、これでちょうどいいんだろうな。美味しいと名残惜しくなるから。

 ともあれ、あとひとつ寝ると…



ブログランキングに参戦しています、よろしければ投票クリックお願いします👇

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村


医大生ランキング